Atara(アタラ)のランドセルの口コミ・評判│軽さにこだわった1,250gの牛革ランドセルを徹底解説

Atara(アタラ)のランドセルの口コミ・評判

atara(あたら)は2018年4月にランドセルの販売を開始した、比較的新しいランドセルブランドです。昔ながらのランドセルを造る老舗ブランドが多い中、アタラは「斬新なデザイン」「軽い牛革ランドセル」に強いこだわりを持ち、全国から注目を集めています。

アタラは工房系ランドセルで人気の「土屋鞄」の技術指導のもとランドセルを作っているんだよ。

atara(株式会社キシル)の詳細

ataraランドセル

平均レビュー

(3.0)

全商品 58,000円

クチコミ投稿数 2

会社名 株式会社キシル
設立 2002年11月
本社 静岡県浜松市

Atara(アタラ)は株式会社キシルがプロデュースしたランドセルブランドです。キシルは全国に4店舗(吉祥寺・深川・名古屋・浜松)ある学習机や椅子、家具などを製造・販売している会社です。

創業当初(2003年)から販売協力している、土屋鞄製造所のデザイン協力・技術指導を得られることがきっかけでランドセルプロジェクトがスタートしました。土屋鞄とアタラのランドセルが同じ店舗で販売されているため、土屋鞄が製造していると思っている方もいますが全く別物です。アタラのランドセルはタイの工場で製造されています。海外の工場と言っても、日本の鞄職人が始めた工場で、海外ブランドのOEMなども製造している信頼の工場です。

アタラは土屋鞄に技術指導を受けながら、「軽い牛革ランドセル」を誕生させました。

口コミ

  1. 1.0
    コンパクトで可愛いけど、まだまだ主流ではない感じがする

    2019年10月17日

    娘がアラタのデザインに一目惚れし、購入する流れとなりました。基本的に気に入っていますが、配布されたランドセルカバーが合わないことや、ポケット(?)が少ないので収納力はありません。デザインを重視した犠牲なのでしょうか。
  2. 5.0
    ランドセルが軽く、身体に負担が少ないものを探していました

    2019年10月17日

    牛革のランドセルを軽さ重視で探していると、コチラのataraを見つけました。ataraのランドセルはオール牛革なのに1,250gと非常に軽く、人工皮革のランドセルと大差ありません。デザインも今風でオシャレなので親子共に気に入っています。
ataraランドセルのクチコミを投稿する
評価(星の数)
お子様の性別
タイトル
クチコミ内容

atara(アタラ)のランドセルを買った人たちの口コミ

参考になる良い口コミ

5.0

ランドセルが軽く、身体に負担が少ないものを探していました

牛革のランドセルを軽さ重視で探していると、コチラのataraを見つけました。ataraのランドセルはオール牛革なのに1,250gと非常に軽く、人工皮革のランドセルと大差ありません。デザインも今風でオシャレなので親子共に気に入っています。

参考になる悪い口コミ

1.0

コンパクトで可愛いけど、まだまだ主流ではない感じがする

娘がアラタのデザインに一目惚れし、購入する流れとなりました。基本的に気に入っていますが、配布されたランドセルカバーが合わないことや、ポケット(?)が少ないので収納力はありません。デザインを重視した犠牲なのでしょうか。

atara(アタラ)のランドセルの特徴・詳細

アタラのランドセルは一度見ると印象に残りやすい特徴的なフォルムをしています。アタラは重さを気にせず背負える軽い牛革ランドセルを誕生させました。

牛革なのにとっても軽量!

牛革なのにとっても軽量!

アタラの魅力は牛革なのにとっても軽量であるということ!一般的な牛革ランドセルは1,350g前後のものが多いなか、アタラは約1,250gと人工皮革並みの軽さを実現させました。素材の牛革はイタリアでオーダーメイドした特別な革で、6年間耐えられる美しさと丈夫さを兼ね備えています。軽くするために機能も見直し、本当に必要なパーツだけを残したシンプルな造りに仕上げました。

軽くて丈夫

軽くて丈夫

ランドセルは軽ければ良いというものではなく、6年間使える丈夫さが必要です。アタラは土屋鞄製作所の技術指導を受け、マチ全体や負担のかかる角に補強材を入れたり、強度が必要な部分は2重ステッチにするなど、軽くて丈夫な造りになっています。

フロント錠前

フロント錠前

アタラのランドセルは一般的なランドセルについている「ベロ」がカットされたフロント錠前です。ベロがない分、軽くなるだけでなく、ロックが底にないのでランドセルを立てた状態での荷物の出し入れがしやすいというメリットもあります。

小マチをカットしたスッキリ収納

小マチをカットしたスッキリ収納

「小マチは意外と使わない」という先輩ママ達からの意見を参考に、思い切って小マチをカットし、メインスペースをたっぷりと作りました。通常のマチ幅は12㎝前後ですが、アタラは約13㎝あります。主流のA4フラットファイルはまっすぐ入りますし、中仕切りパネルを使えば、荷物が少ない日でも教材がガタガタ揺れる心配はありません。

片側ナスカン

片側ナスカン

一般的なランドセルは両側ナスカン、もしくは片側にナスカン、反対側にDカンがついています。アタラは「両脇に荷物をぶら下げることは少ない」という現役小学生モニターの声を反映し、片側ナスカンを採用しました。左側の側面はベルトも金具もない、シンプルな造りになっています。

立ち上がり背カンで体感軽量

立ち上がり背カンで体感軽量

背カンは大手メーカーも使用している「立ち上がり背カン」を採用。肩ベルトの付け根を立ち上げることで、肩にしっかりフィットし、背負ったときに軽く感じます。背カンは体の動きや体格に合わせて左右に動くので、走ったりジャンプしても負担が少なく、高学年になって体格が大きくなっても窮屈に感じません。

雨の日も安心な防水加工

雨の日も安心な防水加工

6年間使うことを考えて革の表面には防水加工が施されています。雨に濡れたときは乾いたタオルで拭きとるだけでOK!汚れた時も水拭きできるのでお手入れがとっても簡単です。

atara(アタラ)で販売中のランドセル

ランドセル
ランドセル
ランドセル
ランドセル
ランドセル
58,000円(税込)

カラー全5色

  • ランドセル
  • ランドセル
  • ランドセル
  • ランドセル
  • ランドセル
重量 1,250g
素材 イタリア製レザー(牛革)
A4対応 A4用紙: 対応
クリアファイル: 対応
フラット: 対応

アタラのランドセルはこの1シリーズのみ。
シンプルなコロンとしたフォルムが特徴で、内装は「マリメッコ」などで活躍するデザイナーさんがデザインしたオシャレな柄となっています。カラーは「森の情景」をイメージした「ペールブルー(いずみ)」「キャメルベージュ(きのみ)」「赤(キイチゴ)「ブラック(ほしぞら)」「ブライトベイビー」の5色。

2020年度モデルは男の子にも女の子にも人気の「キャメルベージュ(きのみ)」が早い時期に完売していたよ。

atara(アタラ)のランドセルまとめ

アタラは牛革の軽いランドセルにこだわり、本当に必要な機能だけを採用した新しい形のランドセルです。フロントロック錠や小マチのない造りなど一般的なランドセルとは異なりますが、技術面は土屋鞄監修なので品質は安心できるかと思います。

店舗は東京(吉祥寺・深川)、愛知(名古屋)、静岡(浜松)の4店舗、展示会は4月~6月にかけて12都道府県で開催されています。販売提携している土屋鞄のランドセルも展示されていますので、一般的なランドセルとアタラのランドセルを背負い比べてみるとよいでしょう。

ataraランドセル販売ページへ

アタラは小マチをカットして大マチを広くとっているけど、やっぱり小マチのあるランドセルに比べると、容量的には少なくなってしまうよね。収納に特化したランドセルならイオンのみらいポケットやキッズアミの方がオススメかな。