ランドセルのサイズは超重要!マチ幅・内寸で失敗しない寸法を解説

ランドセル選びはランドセルサイズ(内寸)も重要!失敗しないランドセルのサイズとは?

小学校は宿題やテストなどにプリント物が多いため、クリアファイルやフラットファイルを活用している小学校は多いでしょう。このファイルを使用する場合は、ランドセルの内寸サイズがとても重要でわずか1㎝の差でファイルが入らない可能性もあります。

ランドセルを購入する際はランドセルの内寸にも着目してみましょう。

ランドセルのサイズは4種類

以前はA4サイズの教科書が入るランドセルが一般的で、今よりもずっとコンパクトでしたが、教材の増加や保護者の要望によりランドセルは大型化しました。

ランドセルサイズは、以下の4種類が主流となっています。

A4教材対応サイズ 横21.5cm × 縦29cm前後 A4サイズの教科書は入るが、A4以上の教科書やファイルは入らない
A4クリアファイルサイズ横対応) 横22cm×縦30cm前後 A4クリアファイルの横幅には対応しているが、縦向きははみ出てしまう
A4クリアファイルサイズ(縦・横対応) 横22cm×縦31cm前後 A4クリアファイルの横幅にも縦幅にも対応している
A4フラットファイルサイズ 横23cm×縦31cm A4フラットファイルがちょうど入る

最近のランドセルは、A4教材対応サイズとA4クリアファイルサイズ(横対応)は需要が少なく、あまり見かけなくなりました。

現在販売されているランドセルは「A4クリアファイルサイズ(縦・横対応)」「A4フラットファイルサイズ」の2種類が主流です。

A4クリアファイルサイズ(縦・横対応)とA4フラットファイルサイズ

  • A4クリアファイル:プラスチック製、プリントを数枚挟むことができるファイル
  • A4フラットファイル:厚紙製、プリントを100枚ほど綴じることができるファイル

各メーカーのランドセルサイズ比較&一覧

人気メーカーのランドセルサイズ(内寸)一覧です。

どのメーカーもA4フラットファイル対応サイズですが、モデルによってはA4クリアファイル対応のランドセルを販売しています。ランドセルの重さや収納力に影響する「マチ幅(メインポケット)」に注目してください。

ランドセルのマチ幅とは

※ マチ幅には小ポケットのサイズが含まれません

メーカー サイズ 横幅(約) 縦幅(約) マチ幅(約)
セイバン A4フラットファイル 23.5cm 31cm 12cm
フィットちゃん A4フラットファイル 23.3 cm 32cm 12cm
萬勇鞄 A4フラットファイル 23.5 cm 32cm 12cm
ふわりぃ A4フラットファイル 23.5 cm 30.5cm 12㎝/12.5㎝/13㎝/13.5cm
山本鞄工房 A4フラットファイル 23.3 cm 31cm 12㎝
キッズアミ A4フラットファイル 23.5 cm 31cm 11㎝/13.5cm
A4クリアファイル 22 cm 31cm 10.5㎝
LIRICO A4フラットファイル 23.5cm 31.3cm 13㎝
イオン A4フラットファイル 23.5cm 31㎝/31.5cm 12㎝/13.5cm
土屋鞄 A4フラットファイル 23.2 cm 31㎝ 11.5cm
村瀬鞄行 A4フラットファイル 23.5 cm 31㎝ 12㎝/12.5cm
A4クリアファイル 22.5㎝ 31㎝ 12㎝
モギカバン A4フラットファイル 23㎝ 31㎝ 12.5㎝/13㎝
黒川鞄工房 A4フラットファイル 23.5 cm 31㎝ 12㎝
A4クリアファイル 22.5㎝ 31㎝ 11㎝
カバンのフジタ A4フラットファイル 23.5㎝ 31.5㎝ 12.5㎝/13㎝
池田屋 A4フラットファイル 23㎝ 31㎝ 12㎝
HAKURA A4フラットファイル 23.2㎝ 31.7㎝ 12㎝

たくさん収納できるランドセルを選ぶなら、マチ幅13㎝以上のモデルがオススメです。ミリ単位の差ですが、マチ幅1㎝でノート約3冊分も違うので侮れません。

マチ幅が広いオススメのランドセルはコレ!

イオンで販売されている「みらいポケット」は、マチ幅が最大20.5cmまで広がる大容量ランドセルです。それでいて重量も1,200g台なので、小柄なお子様でも安心して背負えます。

業界トップの収納力

イオンで販売されているランドセルは、大容量で、軽くて、丈夫で、非常にオススメです。3万円台で買えるモデルもあるので、気になる方はイオンの商品ラインナップをご覧ください。

イオンのランドセル詳細・口コミはコチラ

使いやすいランドセルのおすすめサイズとは?

保護者への配布物はクリアファイルに入れて管理することが多いため、クリアファイルが入ることは必須条件と考えてください。

ただしA4フラットファイルに関しては、小学校によって使用頻度はまちまちで、全く使わない小学校もあります。気になるようであれば、同じ小学校に通う先輩ママに聞いてみるか、小学校に問い合わせておきましょう。

そこで、入学先でA4フラットファイルを使っている場合は話が変わります。

A4フラットファイル対応とA4クリアファイル対応のランドセルは、横幅が約1㎝に満たない違いなので、重さや見た目に大きな差はありません。それなら後になって後悔しないように、A4フラットファイル対応ランドセルを選ぶのが無難です。

パッと見のサイズだけで判断しちゃダメ!

例えば、黒川鞄工房で販売されている一部のランドセルは、A4フラット対応もA4クリアファイル対応も、横幅と総重量が全く同じです。

A4フラットファイル対応ランドセルを選ぶのが無難

同じメーカーでランドセルを買う場合も、ちゃんとA4フラットファイルに対応しているのかをチェックしましょう。A4フラットファイル対応ランドセルの中にも、しれっと未対応のモデル・カラーが混じっていたりします。

このメーカーなら、A4フラットファイルに対応しているだろう!…と思い込まず、ちゃんと収納表記をチェックしようね!

欲しいランドセルがA4フラットファイルサイズに対応していない場合は…

A4クリアファイル対応のランドセルでは、A4フラットファイルがまっすぐ入りません。

そこで、

  • 気に入ったランドセルがあったのにA4フラットファイルサイズがない
  • A4クリアファイルサイズのランドセルを購入してしまった

という方に喜ばしい、特別なフラットファイルが登場しました!

ガバットファイル A4-Sサイズ

コクヨから発売されている「ガバットファイル A4-Sサイズ」は、横幅が22㎝なので、A4クリアファイルサイズのランドセルにもスッポリ入ります。収納枚数も1,000枚とケタ違いに多いので、配布物の持ち運びに困ることはありません。(通常のフラットファイルは100~150枚ほどが限界)

価格は通常のフラットファイルよりもやや高めですが、枚数に応じてファイルの背幅を調整することもできるので大変便利です。ランドセルにA4フラットファイルが入らなくて困っている方は、コクヨ「ガバットファイル A4-Sサイズ」を購入されてはいかがでしょうか。

ガバットファイル販売ページへ

ランドセルサイズまとめ

ランドセルサイズに迷ったら、A4フラットファイル対応サイズを購入しましょう。

大きいランドセルは重くなると心配される方もいますが、重さに影響するのは横幅よりもマチ幅なので、お子様の体格に合うサイズを選んでください。

小柄な子はマチ幅が11㎝~12㎝のモデルを選ぶと、身体への負担が少なくて安全だよ♪

勿論、マチ幅だけではなく天使のはねフィットちゃんなど、背負やすさを追求したランドセルを選ぶのも良いでしょう。どちらも特許を取得しているオリジナル機能で、先輩ママたちの口コミも良好です。

購入するランドセルの目星がついたら、最後に展示会へ足を運んで実際に背負ってみてください。

全国のランドセル展示会情報はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。