ランドセルに髪が挟まる原因&対策を分かりやすく解説

ランドセルに髪が挟まる原因&対策を分かりやすく解説

髪の毛の長い女の子が「ランドセルに髪の毛が引っかかって痛い」と訴えるケースがあります。背負うたびに引っかかるようでは、ランドセルを背負うことがストレスになってしまいますよね。ランドセルに髪の毛が引っかかる原因・対処法や、髪の毛が挟まりにくいランドセルをご紹介します。

ランドセルに髪の毛が挟まる原因

ランドセルに髪の毛が巻き込まれるのは、背カンの構造が原因です。

ランドセルに髪の毛が挟まる原因

背カンはランドセル本体と肩ベルトを繋ぐパーツで、身体の動きに合わせて開閉・可動します。背カンが開いた時に髪の毛が巻き込まれると、背カン内部へと髪の毛が引っ張られてしまうのです。

一昔前の背カンは左右に動かない固定式背カンであったため、このようなトラブルはありませんでしたが、可動式背カンが主流になり、髪の毛が挟まるトラブルが発生するようになりました。

髪の毛の巻き込みを防ぐ方法

髪の毛の引っかかりを防ぐ方法をいくつかご紹介します。既にランドセルを購入されている方でもできる対処法もありますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

髪の毛が挟まりにくいランドセルを選ぶ

髪の毛が挟まりにくい構造のランドセルを選べば、ひっかかりを防ぐことができます。

背中とランドセルに隙間がない

ランドセルを背負ったときに、背中とランドセルの間に隙間ができてしまうと、その隙間に髪の毛が入り、その結果背カンに髪の毛が挟まってしまいます。また、隙間ができることで重心が後ろに傾き、肩に負担を感じたり、ランドセルが重く感じたりします。

背中とランドセルに隙間がない

購入の際は実際に背負って、隙間ができていないかチェックしてみましょう。肩ベルトの長さが合っていないと隙間ができてしまう場合もありますので、適した長さに調節しましょう。

隙間のない背カンを選ぶ

固定型背カンは背カンに動きがないため、髪の毛が挟まる心配は少ないのですが、現在は固定式背カンのランドセルはほとんど販売されていません。可動式背カンの方が背負いやすく、身体への負担も少ないため、可動式背カンが主流となっています。

例えば、セイバンの天使のはねは左右の肩ベルトが連動して動く可動式背カンを採用しています。背カンの金属部分がプラスチックで保護されているため、背カン部分に髪の毛が入り込みにくい構造になっています。

隙間のない背カンを選ぶ

また、背カンと肩ベルトの接合部分に全く隙間がないため、髪の毛がパーツの間に入り込む可能性はとても低いです。先輩ママたちの口コミをみても高評価です。

セイバン「天使のはね」口コミ・詳細はコチラ

背カンカバーで巻き込みを防ぐ

既に購入された方で、髪の毛の巻き込みに悩んでいる方は補助グッズを検討してみましょう。

髪の毛巻き込み防止アイテム「まもリボン」

髪の毛巻き込み防止アイテム「まもリボン」

セイバンから販売されている「まもリボン」は、髪の毛が挟まるのを防ぐためのアイテムです。下図のように背カン部分に取り付けることで、背カンの間に髪の毛が入り込むのを防いでくれます。価格は2,000円ほどです。

髪の毛巻き込み防止アイテム「フリフリカバー」

髪の毛巻き込み防止アイテム「フリフリカバー」

ランドセルグッズを販売しているまもるちゃんでも「フリフリカバー」という同じようなアイテムが販売されています。こちらも背カンに取り付けて使用する補助グッズで、1,300円ほどで購入できます。

髪の毛が挟まらないようにヘアアレンジする

髪の毛が挟まらないようにヘアアレンジする

補助グッズを使用しなくてもヘアアレンジで髪の毛の巻き込みを防ぐこともできます。背中側に髪の毛が流れるのを防げば挟み込まれる心配はないので、サイドボニー、お団子ヘア、ツインテールにするのもオススメです。

髪の毛の巻き込みまとめ

トラブルの原因となる背カンは、背負いやすさを決める重要なパーツです。背負いやすさと巻き込み防止を両立する為、各メーカーでこだわりを持って作っています。

背負うたびに髪の毛が巻き込まれるのは苦痛でしかないので、実際に背負ったり、実物を見てランドセルを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。