モギ(MOGI)カバンの口コミ・評判|創立90周年、限定生産の手作りランドセルを徹底解説

モギ(MOGI)カバンの口コミ・評判まとめ

モギカバンは創業以来90年の歴史を持つ老舗ランドセル工房です。伝統的な熟練の職人技は残しつつ、新しい素材や機能性を取り入れるなど時代に合わせたランドセルを作っています。

特に高品質な牛革のランドセルが比較的安価に手に入れることができるということで、毎年早期完売する人気工房系ブランドの1つです。

「たくみシリーズ」と「インペリアルシリーズ」はモギカバンの人気シリーズだったけど、インペリアルシリーズは2020年度から販売が終了になってしまったんだ。だから、90周年を記念してリニューアルされた「たくみシリーズ」が2020年度はさらに注目を集めると思うよ!

モギカバン(株式会社モギカバン店)の詳細

モギ(MOGI)カバンの公式WEBサイト

平均レビュー

(4.0)

50,000円~108,000円

クチコミ投稿数 2

会社名 株式会社モギカバン店
設立 1929年
本社 群馬県 桐生市

モギカバンは、1929年創業の老舗の総合かばん専門店です。

創業者の茂木忠治は、1929年に群馬県桐生市で革鞄職人として独立、第二次世界大戦の影響で一時は休業状態となりましたが、戦後は、進駐軍から鞄の製作の依頼が殺到し、復興を遂げます。

高度経済成長期を迎えるころ、茂木忠治が逝去し、二代目茂木巌へ。本店の他に支店も開設し、愛されるかばん専門店へと成長しました。

現在の社長は三代目茂木理亨で、店舗は群馬県桐生市の本店と、栃木県の足利店、群馬県の太田店の3店舗ですが、モギカバンの品質と評判で、人気シリーズは販売開始2週間で完売するほど人気のあるランドセルメーカーとなっています。

モギカバンでランドセルを買った人たちの口コミ

  1. 3.0
    評判の良いランドセルでも、身体に合う合わないがあることを学んだ

    2019年05月16日

    前から評判が良かったモギカバンが気になっていたこともあり、サンプルのランドセル(たくみスタンダート)を送ってもらいました。子供は「軽い!」と喜んでいたのですが、次第に「脇が痛い」「バックルが痛い」と言うように…。結局、展示会に行って別のランドセルを選びましたが、軽さや評判だけではなく実際に背負ってから購入することをオススメします。
  2. 5.0
    兄妹でモギカバンを使っていますが、6年間きれいに使えそうです。

    2019年05月16日

    兄妹でモギカバンのランドセル(兄・クラリーノ、妹・牛革)を愛用しています。兄の方はもうすぐ卒業ですが、型崩れもなくキレイに使い終えそうです。妹の方も、目立った傷もなくきれいに使えています。値段もそれほど高くないので、品質やコンスパに大満足しています。それに、モギカバンは使い終わったランドセルをリメイクしてくれるので、今から楽しみです。
モギカバンのクチコミを投稿する
評価(星の数)
お子様の性別
タイトル
クチコミ内容

セイバンの口コミをピックアップ!

参考になる良い口コミ

5.0

兄妹でモギカバンを使っていますが、6年間きれいに使えそうです。

兄妹でモギカバンのランドセル(兄・クラリーノ、妹・牛革)を愛用しています。兄の方はもうすぐ卒業ですが、型崩れもなくキレイに使い終えそうです。妹の方も、目立った傷もなくきれいに使えています。値段もそれほど高くないので、品質やコンスパに大満足しています。それに、モギカバンは使い終わったランドセルをリメイクしてくれるので、今から楽しみです。

参考になる悪い口コミ

3.0

評判の良いランドセルでも、身体に合う合わないがあることを学んだ

前から評判が良かったモギカバンが気になっていたこともあり、サンプルのランドセル(たくみスタンダート)を送ってもらいました。子供は「軽い!」と喜んでいたのですが、次第に「脇が痛い」「バックルが痛い」と言うように…。結局、展示会に行って別のランドセルを選びましたが、軽さや評判だけではなく実際に背負ってから購入することをオススメします。

モギカバンの男の子向け人気ランドセル

男の子にはコードバンや牛革の丈夫なランドセルが売れています。黒の本体カラーにゴールドや赤、青のステッチを入れたモデルが人気です。

モギカバンは手縫い仕上げにこだわった丈夫なランドセルだから、元気いっぱいの男の子でも6年間バッチリ使えるよ!

モギカバンの女の子向け人気ランキング

女の子モデルは可愛いハートや刺繍が入ったモデルが人気です。モギカバンの代名詞たくみシリーズは毎年夏前には完売してしまうほど。軽くてコンパクトなプリズミックスも女の子に人気があります。

シンプル過ぎず、派手過ぎないデザインがちょうどいいよね♪小柄な子にはキューブスタイルがおすすめだよ。

モギカバンのランドセル特徴・詳細

モギカバンは1929年創業以来、守るべき伝統は引き継ぎ、時代の流れとともに変えるべきところは変えた、伝統と先進性を融合したランドセルです。

こだわりの素材

モギカバンの素材は「量より質」を大切にし、特に革にこだわっています。牛革はおそらく日本一であろう「全60の型と色」を用意。
かぶせに使用するコードバンや牛革だけでなく、内張りに使用するアメ豚(豚革)、背あてに使用するソフト牛革など、あらゆる革にこだわりを持っています。

ベーシックスタイルとキューブスタイル

ランドセルのサイズにはベーシックスタイルとキューブスタイルの2種類があり、どちらもA4フラットファイルに対応しています。
ベーシックスタイルは伝統的な技法で熟練の職人によって作られるモデル、キューブスタイルは最新式のミシンを使用したコンパクトで大容量モデルです。

熟練の職人による技

モギカバンはたとえ時間がかかろうと、手縫いにこだわっています。
熟練の職人にしかできない「一枚通し」「きざみ」「ちり」など職人技が詰まってり、効率よりも「品質」を求め続けたランドセル作りを行っています。

ウィング背カン

肩ベルトが肩にすっぽりはまるように設計されたウィング背カンは、ランドセルの重心と子どもの背中に隙間ができず、より密着します。その結果、背負う力が少なく済むので、子どもへの負担も少なくなります。

モギカバンで販売中のランドセルシリーズ