百貨店(デパート)とネット通販、ランドセルを買うならどっち?

百貨店(デパート)とネット通販、ランドセルを買うならどっち?

ランドセルを購入する場所として、「百貨店」「量販店」「ネット通販」などが候補に挙がるかと思いますが、結局どこで買うのが一番お得なの?と、気になられる方も多いハズ。この記事では、百貨店・量販店・ネット通販の割引事情や、お得なランドセル購入方法を解説します。

百貨店や量販店などの店舗で購入する場合

ランドセルは百貨店や量販店などで販売されています。百貨店は都心部が中心となりますが、量販店は全国各地にあり、日頃から利用されている方も多いでしょう。

量販店 百貨店
  • イオン
  • イトーヨーカドー
  • ゆめタウン
  • 西友
  • アピタ
  • ニトリ
  • 三越、伊勢丹
  • 高島屋
  • 西武
  • そごう
  • 阪神・阪急百貨店
  • 大丸

量販店と百貨店で販売されているランドセルには少し違いがあります。

量販店ランドセルの特徴

量販店のランドセルの平均価格帯は3万円~5万円台、定番モデルだけでなく、限定モデルやコラボモデルも販売されています。量販店は気軽に通えますし、平均的な価格帯なので手が出しやすいです。ただ、工房系ランドセルの品揃えはいいとは言えず、大手メーカーのランドセルが中心となります。

百貨店ランドセルの特徴

百貨店は量販店よりも価格が高めで5万円以上のランドセルを中心に販売しています。ランドセルメーカーの最上級モデルや百貨店限定モデル、ブランドとのコラボモデルなど品ぞろえが良く、工房系ランドセルも取り扱っています。ただ、地方の方は子どもを連れての遠出となると少し大変かもしれません。

実店舗でランドセルを購入するメリット・デメリット

量販店や百貨店でランドセルを購入するメリット・デメリットをまとめました。

メリット

  • 実際に背負うことができる
  • 質感や色がわかる
  • 子どもが自由に選べる
  • いろいろなメーカーを一度にチェックできる
  • 限定モデルがある
デメリット

  • 老舗メーカーのランドセルは置いていない
  • 選択肢が多く、子どもが目移りしてしまう
  • 定番モデルが中心で、全シリーズは置いていない
  • 近くに店舗がないと行くのが面倒

店舗で購入する1番のメリットは、やはり実物を見ることができるということ。

素材の手触りや質感、カラーは写真では判断が難しく、一番失敗しやすい点です。実際に背負って確認することもできるので失敗は少ないでしょう。

ただ、コラボ商品や定番モデルを中心に販売しているので、メーカー数は多くてもモデル数は少ないのがデメリットです。

ネット通販でランドセルを購入する場合

インターネットで購入する場合は、各メーカーの公式オンラインストア、楽天やアマゾンなどのショッピングサイトから購入できます。

公式のオンラインストアは限定モデル以外、すべての商品を購入することができ、百貨店同様にWEB限定モデルもあります。工房系はネット販売からスタートされることが多く、早い時期に注文すると早期割引が適用されたり、特典が付いてきたり、お得に購入することができます。

ただサンプル生地で質感や色味を確認することしかできず、背負い心地を試すことができないのが一番の難点です。

ネットでランドセルを購入するメリット・デメリット

メリット

  • 店舗よりも安く購入できる場合がある
  • ネット限定モデルがある
  • 店舗に行かずにいろんなメーカーのランドセルがチェックできる
  • 新作モデルを手に入れやすい
  • 子どもに選ばせる前に選択肢を絞れる
デメリット

  • 色や質感で失敗することもある
  • 背負い心地や大きさを確認できない

ネット通販は実際のカラーや素材、背負い心地を確認できないので、届いてみないとわからないという不安がありますよね。
ただ、ラン活が早まり、展示会の時にはすでに完売しているモデルや、販売開始数日から数週間で完売してしまうモデルもあります。人気モデルを手に入れるには、オンラインショップが確実でしょう。

ランドセルを買うならどっちがおすすめ?

店舗もインターネット通販もそれぞれメリット・デメリットがありますが、いずれにせよ一度気になるブランドのカタログを請求してみて、ある程度は商品を絞り込んだ上で、どうするか決めた方がいいでしょう。

》ランドセルの人気メーカー10社の評判ランキングはこちら

カタログを見て、気になるメーカーの実店舗が近くにあるなら見に行った方がいいですし、近くにないならオンラインストアで購入を視野に入れるということですね。

価格が安い確率が高いのは、オンライン通販です。理想としては、カタログ請求で目星をつけて、実店舗に見に行き、納得したらオンラインストアで購入する…というのが、おすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。